スーさんの「教師をめいっぱい楽しむブログ」

日々の算数・数学教育、ICT利用と投資についても発信。教師の未来を明るくしたい!

【イヤイヤ期の子育てのおうちの方】「ポケモンスマイル」で歯磨きスッキリ!(ICTの使い方の真髄)

うちの長女は、そろそろ3才になります。

来てます。

イヤイヤ期。

何が大変って、歯磨きです。

毎日、娘を押さえつけて、奥さまと、私と2人がかりで、歯磨きをしていました。

毎日バトルをしていたある日、奥さまが歯医者で見つけてきました。

魔法のアプリ。

その名もポケモンスマイル。

 

今日は、このアプリを紹介すると共に、ICTだからこそできる、子どもの学びを考えてみようと思います。(育児とICTの2兎を追う記事です)

 

1 すごいぞ ポケモンスマイル

これは、歯磨き習慣付けアプリです。

歯磨きをすると、一生懸命に磨くに応じて、なんとポケモンが捕まえて、コレクションできるというアプリです。

しかも、習慣付けするためのギミックがすごい。

一つづつ紹介します。



2 ARを使って、磨いてる子の頭にポケモンが!

鏡を見て、自分の歯を見ながら歯磨きをしてほしいですよね

ただ、洗面台って子どもにとって高いし、100均で卓上鏡を買ってもなかなか使わない(小学校低学年を担任で持ってことがあるからわかります。)

このアプリがすごいのが、スマホのインカメで磨いてる子の顔がうつり、その頭の上にピカチュウなどのポケモンが乗るんです。

つい、スマホを覗きこんでしまいますね。



3 しっかり歯を磨けたらポケモンゲット!

画面には、紫の靄(歯垢)につつまれたポケモンが登場します。

歯ブラシの動きに応じて、だんだんその靄が消えていきます。

どんなポケモンが出るのかな。

子どもはどんどん歯ブラシを動かしていきます。

ちなみにしっかり磨けると、モンスターボールではなく、マスターボールが投げられます。

ポケモンを一度はやったことある人はピンと来るギミックですね。

マスターボールを目指そうと子どもはさらに手を動かします。

歯を磨きたくなる仕掛けがしっかりと入ってます。

ちなみに150匹ほど現在は収録されています。

毎日磨いて、コンプリートまで半年。

息の長いアプリになりそうです。



4 歯磨きのあとは記念写真!

歯磨きが終わったあとにもごほうびが。

歯を磨いている写真を4枚提示してくれます。

その中から1枚選んで、デコレーション。

デコレーションのシールも毎日ひとつずつ増えていきます。

うちの娘、これ大好きです。

どんどんデコっていきます。


5 ポケモンスマイルから学ぶICTの使い方

さて、ここからは、先生向けです。

授業とは、とかく先生が問題を提示します。どこまで手を尽くそうとも、子どもには「やらされ感」は付きまとうものです。

もちろん、子どもが自然事象から自分で問題を発見し、実験し、解決できたらそれは最高です。

しかし、そんなことをやっているのでは、教科書を終えることができません。

だからこそ、先生が問題を提示し、考えさせる流れになってしまいます。

 

さて、翻って、ポケモンスマイルを見てみましょう。

これはポケモン×ARを使うことで

  • 鏡を見て歯を磨く習慣(ポケモンを頭にのせたくなる)
  • 歯ブラシを動かして磨く習慣(時間だけなんとなくやってもごほうびもらえない)
  • 毎日歯磨きをやる習慣(やればやるほど、ポケモンやデコレーションのごほうびをもらえる)
  • なによりも、楽しい!

と、今までのアナログ(手鏡、親や教師による、歯磨きの確認・評価)では成し得なかったことをすべて解決してくれるのです。

こんなに”楽しい”がつまっているアプリが無料です。

せっかく一人1台端末になったので、特に小学校低学年から中学年に向けていれてみるのはどうでしょうか。

きっと子どもは我先にと給食を食べ。歯を磨き出すことでしょう。

「歯を磨きなさい!」なんて先生は怒らなくてすむし、子どもは楽しいしwin-winです。

(もちろん、これをきっかけに絶対将来ポケモンのゲームを買う子どもはいるので(株)Pokemonの策略ですが、まぁそれは脇においておいて)

 

僕のICTの利用の理想を突き詰めたアプリです。

子どもがつい手を出したくなるそんな”しかけ”が満載です。

アナログでもデジタルでもいいので、授業の中にそんな一捻りをぜひいれてみたいですね。

 

6 まとめ

ポケモンスマイルはすごいぞ!というお話をしました。

ポイント

・歯磨きで困っているおうちの方試してみて!

・歯磨きの習慣付けを楽しく親子でできるアプリ

・子どもができない、やらないとつい怒ってしまいがち。そこを解消できます。

・子どもが楽しくなる"しかけ"のアイデアがたくさんつまったアプリ

でした。

 

困っているおうちの方ぜひ試してみて!

そして、子どももおうちの人もみんなにこにこしましょう!

 

授業でもポケモンに負けないような仕掛けを考えていきます!

スーさんでした。

 

7 リンク

ポケモンスマイル公式HP

www.pokemon-smile.jp

※記事内の画像は、ポケモンスマイルの公式サイトの物を使わせていただきました。

 

susan-edu-math.hatenablog.com

 

ICTのページ

 

 

【雨天時の部活動】筋トレのススメ(苦手な子どもにこそお勧め!)

私の勤務校では、秋は、全員で駅伝に取り組みます。

大先輩方が、退職されてきて、(自分も含めて)若い先生が指導をしています。

問題になっているのが、練習メニューの立て方や、指導法が受け継がれずにいることです。

最近は雨も多く、体育館で練習することが多いです。

筋トレと言うと、腹筋・体幹が主になるのですが、運動の苦手な子が、「体幹で来ません」ってあきらめてしまいます。

そこで、有酸素運動体幹&筋トレで、苦手な子でも楽しくやれるように30秒のモジュールを組み合わせた、筋トレメニューを作ってみました。

10分活動+5分休憩のワンセットのメニューを2種類用意してあります。

子どもの実態に応じてメニューを入れかえながら、ぜひ行ってみてください。

もちろん、見ている皆さんもやってみてくださいね!

結構しんどいですよ!

 

1 1セット目

 

2 2セット目

3 リンク

susan-edu-math.hatenablog.com

 

susan-edu-math.hatenablog.com

 

【校務支援】googleドキュメントを使った職員会議資料の電子化 

職員会議資料を電子化ということでPDFでを作って、ペーパーレス化した学校が増えてきたと思います。

ただ、PDFだと、見ることはできるけど、書き込みができなかったり、追記できなかったりして、結局、紙の方がいいになってしまう場合が多いと思います。

更に効率よくするために、googleドキュメントを使った職員会議資料を作ることを提案します。

ぜひ、校務の効率化を目指しましょう。

 

1 google ドキュメントで職員会議資料を作るメリット

  1. 共同編集機能を使って、教員誰もが、会議中に変更・修正を書き込むことできる
  2. 前年度のデータ(word等)をgoogleドキュメントの形式に変換して利用できる
  3. ペーパーレス化できる

特に2の部分は大きいです。

今までワードで会議資料を作っていたから、googleドキュメントで新しく資料を打ち込まないといけないの?と思うかもしれません。

大丈夫です。

googleドキュメントは、wordファイルを読み込んで、googleドキュメント形式に変換してくれます。

 

 

2 googleドキュメントへの変換方法

    1.「ファイル」⇒「開く」を押す

    2.「アップロード」を選択して、変換したいファイルを読み込ませます。

変換できるファイルは、ワードだけではありません。

文書 : .html .txt .odt .rtf .doc .docx .pdf
googleドキュメントで開くことができます。

拡張子で分かりづらいですが、PDFや、wordで作った文書を開けます。

特に、PDFは、PDFのままでは編集できないので、googleドキュメントで変換して編集をすると便利そうですね。

(公式では、PDFもgoogleドキュメントに変換できると書いてありましたが、2022.9.28現在、指導案をgoogleドキュメントに変換しようと思ったらできませんでした。情報あったらください。)

 

3 明朝体やゴシック体を使おう

明朝体やゴシック体を使って、見出しと本文を区別していくと思うのですが、googleドキュメント上に見当たらないという場合があります。

以下の操作で使えるようになります。

「ファイル」⇒「言語」⇒「日本語」

を選択してください。

 

フォント設定の一番下にMS P明朝MS Pゴシックが現れます。

 

4 保存用にPDFや、ワードでデータを取っておきたい!

保存用にPDFや、ワードでデータを取っておきたい!という人もいると思います。

読み込むことができれば、書き出しも、もちろんできます。

「ファイル」⇒「ダウンロード」⇒「形式を選択」

ただ、文字化け等がある場合がありますので、DLしたファイルは一度確認をしてくださいね。

 

5 まとめ

ポイント
  • 共同編集機能を使って、教員誰もが、会議中に変更・修正を書き込むことできる
  • 前年度のデータ(word等)をgoogleドキュメントの形式に変換して利用できる
  • 作ったgoogleドキュメントデータをPDFやwordファイルに変換して保存も可能
  • 明朝体・ゴシック体を使えるように設定可能

です。

校務の負担を少なく、成果は最大化して、仕事もプライベートも明るくしていきましょう!

スーさんでした。

 

6 リンク

googleドキュメントを使うことで、議事録も簡単に作れます。

susan-edu-math.hatenablog.com

 

susan-edu-math.hatenablog.com

 

susan-edu-math.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

【指導案の必要性を考えた】指導案の書き方


今年はじめて教育実習生を担当することになりました。

指導案って、何を書けばいいかわからないですよね。

自分も、実習で初めて指導案を書いたときは、大学で指導されるわけでもなく、見よう見まねで書いた記憶があります。

先日、ネットを見ていたら「指導案の子どもの実態、教材観、指導観は要らない。A4一枚でまとめあげるべき。」という方も見受けられました。

指導案は少なくて済むのか。

どれだけの分量だったら適切か。

今日は指導案の書き方について考えてみましょう。

 

1 指導案の構成

指導案は、自分が授業を公開する際に作る先生が多いと思います。

一般的な指導案の章だては次のような感じではないでしょうか。

  1. 単元名
  2. 単元目標
  3. 単元について(子ども実態・教材観・指導観)
  4. 単元構想
  5. 本時の指導(本時の目標・本時の展開・評価)

大体これだけでもA4 3枚~4枚の文量になります。

学年部で話し合い、上司からも指導が入り、何度も書き直しをすることがあります。(自分もそうでした)

直すのはとても労力がかかります。

直せば直すほど、自分はどんな授業がやりたかったのかわからなくなります。

そして授業するときには、自分が考えた部分は全然残っていない…なんてこともありました。

これだけ労力がかかるから、本時の指導が書けていればいいという声も耳にします。

確かに自分もそうだなと思うときがありました。

どこまでが必要でどこまでが不要なのでしょうか。

 

指導案のそれぞれの章で書くことを整理した上でもう一度考えてみましょう。

 

2 指導案の章だての内容項目

もう一度確認ですが、指導案の基本的な章だては以下の通りです。

  1. 単元名
  2. 単元目標
  3. 単元について(子ども実態・教材観・指導観)
  4. 単元構想
  5. 本時の指導(本時の目標・本時の展開・評価)

それぞれの章で書くべき内容を整理して、まとめてみましょう。

1.単元名

ついつい、教科書のタイトルと同じ単元名をつけがちです。

それだと「何を勉強するか」はわかっても、「どんな子どもの姿を引き出したいか」「授業者はどんな思いをもってしたいか」がわかりません。

なので主題で、「自分のやりたい授業・引き出したい生徒の姿」がわかるように単元名を書くことにしています。

副題で、「第○学年 -分野-」を書くようにしています。

 

例:僕のテストの点数はよいのかな?悪いのかな?

               ー第1学年「資料の活用」ー

 

2.単元目標

本単元で、生徒に身に付けさせたい力を書きます。

一般的には、

  • 「数学的見方や考え方」
  • 「知識・技能」
  • 「主体的に学ぶ態度」

の3観点で書いていきます。

実践単元において、

  • どんな数学的見方や考え方ができるようになっているのか
  • どんな知識や技能が身に付いていればよいのか
  • 生徒がどんな姿で数学的活動に取り組んでいればよいのか

を記述します。  

  2.単元について(子どもの実態・教材観・指導観)

(1)子どもの実態

子どもの実態(児童観・生徒観)では、単元を進めていく前提としての子どもの実態を分析的に書きます。

子どもを具体的にとらえていないと、子どもにあったよい授業は作れません。

授業を作る上でとても大切な部分になります。

特に私が気を付けているのは、子どものよい面を書くことです。

苦手な部分を埋めるというより、よい面を伸ばすなかで、苦手な部分も引っ張りあげるというイメージです。

よい面を活かした授業展開なので、子どももやる気になります。

どうしても人間ですので、苦手を克服するにはエネルギーが要ります。

よい面を活かして、他の面のレベルアップを考えていきます。

(2)教材観

ここでは、子どもにとっての単元や教材の価値を書きます。

学習内容の関連性や系統性、子どもの陥りやすいつまづきポイント、重要な学習内容などの観点で書いていきます。

特に数学は系統的な学問です。

関連した学習で、以前の学年ではどんな学習をして、実践単元ではどんな新規事項を学ぶかを書くことでより具体的な指導観を書くことができます。

(3)指導観

ここでは単元全体と、本時の指導を具体的な手だてに基づいて書いていきます。

「子どもの実態」「教材観」を受けて単元構想の意図やこの単元の進め方などを記述します。

どんな場面で、子どもの問題が発生するかなども記述しておくと、より分かりやすい指導案になります。

実践後の検証もしやすくなります。

3.単元構想

1.単元目標、2.単元についてで書いたことを、実際に単元に落とし込んで、どんな授業を構想していくかを書いていきます。

左側に学習活動、右側に教師の支援を書くことが多いと思います。

左ではどんな学習活動をするのか具体的に書き、生徒の反応をまとめていきます。

右側の教師支援の部分では、1.単元目標を達成するために、どんな支援をしていくのか。

さらには、2.単元について、で書いた子どものつまづきを、どう支援するのかを具体的に書いていきます。

4.本時の指導

ここでは、

  • 本時の目標
  • 展開
  • 評価

を書いていきます。

公開する授業の具体的な流れになってきます。

特に展開の部分では、学習活動として

  • 「どんな発問をするのか」
  • 「発問に対して子どもがどんな反応をするか」
  • 「次にどんな発問をするのか」
  • 「子どもの反応・活動」

とスパイラルで書いていきます。

本時の最後に

「子どもがどんな振り返りをノートにかくか」

を書くのも一般的ですね。

 

右側には教師支援を書いていきます。

本時の目標を達成するために、どんな支援をしていくのか。

さらには、2.単元についてで書いた子どものつまづきを、どう支援するのかを具体的に書いていきます。

単元構想の1時間バージョンを書く感じですね。

 

3 指導案のどこを削ればいいの?

ここまで、一般的な指導案で書くべきことを整理してきました。

整理してみると、単元名から、本時の指導まで、広いところから狭いところに絞って書いていっていることがわかると思います。

これらをA4 1枚に書ききるのは無理だろうと思います。

どこかを削ると、整合性がとれなくなるので、どこもけずることはできないだろうというのが僕の個人的な考えです。

授業は、場当たり的な支援をするのではなく、計画的にするものです。

自分は指導案を読むときに、以下の点を気にして読みます

  • 現状の子どもの姿と講じる手だての結び付き
  • ねらう子どもの姿と講じる手だての結び付き
  • 教材と講じる手だての結び付き

授業は、子どもの姿と講じた手だての組み合わせがどんな化学反応を起こすかを予想して実践する場です。

そこで、狙い通りの子どもの姿が引き出せたら、講じた手だては成功ということになります。

逆にうまくいかなかった場合は、どうすればよかったのか反省材料になります。

そこをしっかり確認するためにも、これぐらいはしっかり書きたいものです。

 

…そうはいっても、なかなかすべては網羅しきれないですよね。

だからこそ

  • 子どもの実態
  • 目指す姿
  • 講じる手だて

だけはどんな指導案でも、明確にのべられるようにしましょう。

自分は、この3つを普段の授業の反省材料にしています。

そうすれば、どんな授業の結果になっても、次に繋がる価値のある授業になるはずです。

これを繰り返せば、自ずと指導案の書き方もうまくなってきます。

逆にこれを話せないと、事後検討会で議論が明後日の方向にいってしまいます(自分の苦い経験です)

 

4 まとめ

今日は指導案の書き方とポイントについて書きました。

それぞれの章で書けばよいことを整理したので、きっと書きやすくなったと思います。

そして

ポイント
  • 子どもの実態
  • 目指す姿
  • 講じる手だて

の3つのポイントだけは常に即答できるようにしたいものです。

これを研究授業で説明することで、授業後の協議会も価値のあるものになってきます。

 

楽しい授業を作るために、一緒に勉強していきましょう!

スーさんでした

 

5 リンク

授業の作り方ではなく、見方で記事を書いています。

こちらもぜひ、読んでみてください

susan-edu-math.hatenablog.com

 

susan-edu-math.hatenablog.com

 

susan-edu-math.hatenablog.com

 

【高速校務・事務処理】 会議の記録も一瞬で!googleドキュメントを使った爆速!議事録作成


先日、栄養教諭の先生が困っていました。

「3時間超の会議があって、議事録を起こさないといるんだけど、次の日、思い出して書くの大変…。」

その通りだよなと思いました。

しかも、その先生は、議事録を作成だけでなく、取り回しや、議論に混ざっていかなければならないとのことでした。

なんとか、その負担をなくせないかと考えていたら、google ドキュメントと「音声入力機能」を使えば、少し楽にならないかと考えました。

今回は、その方法を紹介します。

 

1 必要な物

  • g board(googleの文字入力ソフト)、googleドキュメント、google音声入力の3つのアプリが入っているタブレット 2台
  • googleアカウント 1つ
  • wi-fi環境 
  • (あるとよいもの)指向性マイクor無指向性マイク

※音声入力を使用するためにはwi-fi接続が必要です。

googleドキュメントを使用するために、アカウントが必要です。

2 やり方

1.新規でgoogleドキュメントを開く

2.音声入力のボタン(g boardのマイクボタン)を押して、会議で話す人にタブレット(またはマイク)を渡し、話してもらう。

3.話した内容が、googleドキュメント上に表れます。

それだけです。

ただ、実際にタブレット1台で実験をしてみると、次のことで悩むと思います。

・音声入力中だと、改行ができない。改行をしようとすると、音声入力モードが一度切れてしまう。(話す人が変わるときに、行を変えたいですよね)

・(昔と比べると入力精度は向上したが)入力された文字の間違いを直せない。

これは機能の問題で、どうしようもありません。

これでは議事録を素早く作成ができません。

そこで、タブレット2台用意します。

 

3 タブレットが2台あると良いわけ

タブレット2台を次のような役割で分けます。

先ほど申し上げましたが、一番の問題は、1台のタブレットでは、音声入力しながら、議事録を編集するということが、機能上できません。

そこで、googleドキュメントの共有機能を使います。

これは何かというと、一つの文書データを、複数人で同時編集ができるという機能です。

流れとしては以下の通りです。

  1. 2つのタブレットで、同じgooglドキュメントのファイルを開く
  2. 音声入力用タブレットは、先ほどと同じように、音声入力のためにおいておく。
  3. 議事録編集用タブレットは手元において置く。音声入力で拾った文字が表示されるので、適切に編集していく。

同時編集するうえで、アカウントは2つ必要ですが、試したところ、同じアカウントで2つのタブレットでログインしても、問題なく動作しました。

 

4 マイクの使い分け

話をしてもらう人の所に、タブレットを持っていって話してもらうことは大変だと思います。

そこで、マイクがあると便利です。

今はbluetooth接続ができるマイクが売っています。

それを使えば、無線で、音声入力をすることができます。

指向性マイクと無指向性マイクがあるので場面に応じて使い分けましょう。

指向性マイク→マイクを持って話す人の音声を聴き取る(指向性)ようにできているマイクです。

意見を話す場所(例えば、会議室の前の演台)が決まっている場合、タブレットを設置して、マイクを接続すると良いでしょう。

無指向性マイク→マイクに入ってくる音声を片っ端からひろってくれるマイク。

机を囲んで会議するときに便利です。囲んだ机の中心にマイクを据えると、話した内容を拾ってくれます。

5 まとめ

ポイント

・使うアプリは、googleドキュメントと、g board、google音声入力の3つ

・2台のタブレットを使って、音声入力と議事録作成を同時に進める

Bluetoothマイクがあると、さらに効率アップ!

ぜひ、やってみた感想を教えてください。

スーさんでした。

 

6 リンク

 

susan-edu-math.hatenablog.com

 

susan-edu-math.hatenablog.com 

【育休レポート】すーさんが育休をとるまで

 

2023年1月から3月まで、育休を取らせてもらう予定です。

奥さんが、仕事復帰するのに、1月からが都合がいいということ。

保育園に途中入園するのが大変ということ。

の2つが重なり、校長先生に育休をを相談したところ、快諾してもらえました。

娘2人と過ごしたいと思ってもなかなか仕事が休めずだったので、3か月という短い間ですが、育休を取れたのがとても嬉しいです。

 

SNSを見ていると、なかなか、校長先生の理解が得られないなどの意見もよく聞きます。

すーさんの体験をお伝えします。

少しでも参考になれば幸いです。

 

1 育児休暇をとるまで

妻が妊娠したのが分かったのが、2021年11月頃。

このとき、

すーさん⇒フルタイム(ただ 部分休業の権利を所得。長女になにかあれば早く帰れるようにしてもらっていました)

妻   ⇒フルタイム

長女  ⇒8:00~17:00 保育園

でした。

 

安定期に入ったタイミング(2021 2月頃)年で、妻と育児の話をしました。

  1. 妻がどのタイミングで仕事に復帰するか(正規)
  2. どれだけすーさんが育休を所得するのか。
  3. そもそも校長先生にすーさんの育休は認めてもらえるのか
  4. 次女はいつから保育園にいれるのか
  5. 妻が次女の産休・育休に入ると、長女の保育園の入園時間は変わるのか

を調べたり、話し合いをしたりしました。

1)2)妻の会社の年度変わりは1月から。

つまり2023年1月から復帰するのが都合がいいとのこと。

これはひとつ育休が通るか悩みの種でした。

学校だと3学期からすーさんが休みに入るということです。

2)最短で生後半年から(2022年11月~)次女をいれることは可能でした。

ただ、長女の通っているこども園は、長女の時は、未満児クラスはいっぱいで、途中入園できない状態でした。2022年11月に途中入園ができるか心配です。

また、半年で保育園にいれるのは、次女にとってまだ辛い。

できればもう少し家庭でみていたいなと思っていました。

4)妻が、産休・育休に入ると、私の自治体は、延長保育が認められなくなることがわかりました。

つまり、次女の産前、産後、母が動けない状態でも、14:30には降園をしなければならなくなったのです。

5)一応前々から、とるといいとは言ってもらっていました。

ただ、きっと産後1ヶ月とか育休をとることを校長先生は想定していたと思います。

いまは、なかなか代替教員も見つからない時代です。

育休をとってもよいと本当に言ってもらえるか不安でした。

 

2 当たって砕けろ、校長先生に相談

育休をとりたい期間を決め、校長先生に相談したところ、すぐOKをもらうことができました。

後々聞いたところ、相談をした時点で、すーさんが育休を取るのに、2年ほど期間があったということが大きかったみたいです。

育休に入る年度の人事異動で、すーさんにも、勤務学校にも負担が少ないように人事異動をすることよう考えてくれていたとのことでした。

また、部分休を使っていたので、育児を妻と交代しながらやっているということも人事に伝わっているのも大きかったです。

また、自治体で実際に育休をとった男の先生が1人いたので前例があったというのも大きかったです。

 

3 最後に心配なのが給料

みなさんが心配になるのは給料だと思います。

男性は出産後半年まで、基本給の2/3。

半年から1年までは1/2が育児休業手当てとして受けとることができます。

(他の制度を使えば1年2ヶ月まで手当てを受けとることができます。また別の記事で調べて紹介します)

しかも、課税はされず、社会保険料も免除されます。

それなら、娘2人でゆったり家で過ごしていればなんとかなる額がもらえます。

家は妻が復帰するので、1.4馬力といったところでしょうか。

妻も仕事復帰の忙しい時期に仕事に集中できる。

自分も2人の娘のかわいい時期の面倒をみれるということで、本当に育休を取れる(見込み)でありがたいなと思っています。

 

4 終わりに

男性の育休は制度としては一般的になりつつありますが、制度はあっても、育休は認められないという職場も多いと聞きます。

とにかく、自分が育休とる上でやってよかったと思うのは

ポイント

・とにかく早めに相談したこと

でした。

勤務校だけの問題ではなく、人事異動も含め、勤務自治体全体のバランスをみて、すーさんが育休を取れるように動いていただくことができました。

育休まであと3ヶ月半。駆け抜けていきたいなと思います。

また、みなさんの子育て体験記を教えてください。

 

すーさんでした。

 

5 リンク

 

susan-edu-math.hatenablog.com

 

susan-edu-math.hatenablog.com

 

【1人学び】子どもへの声のかけかた

算数・数学において、子どもたちが、問題を理解したあと、必ず一人で考える時間をとると思います。

そのとき、教師はどのような動きをするでしょうか。

きっと、机間巡視をして、どんなことを子どもたちは考えているか確認をすると思います。

できた子、できない子は様々です。

それぞれの子どもに、みなさんどう声をかけていますか?

それとも、あえて声をかけませんか?

今日は、一人学びのときの声かけについて考えてみようと思います。

 

1 一人学びのときの指導

一人学びをしている生徒は3パターンに分類できます。

1)出た問題に対して(休んでいたり、前時の理解が追い付いていたししなくて)わからない子ども。

2)本時の目標に迫るところ(新規学習事項)の部分で止まっている子ども。

3)提示した問題を解けている子ども。

 

全く手がつかない子ども対しては、個別の声かけが必要です。

前時のわからなかったところを教科書やノートを使いながら、復習し、本時に必要な学習基盤を整える必要があります。

そこは、惜しみ無く個別指導を行います。

 

本時の目標に迫る部分で悩んでいる子どもに対しては、みなさんどうしますか?

つい、「○○すればいいじゃないか。」

と声をかけがちですが、これでは、教師が答えを教えているのに他なりません。

それをいっては、結局先生の話を聞けばいいと子どもは思ってしまうでしょう。

ぜひ自分で考えたり、調べたり、できるようにしたいですね。

そのためにはどうすればいいでしょうか。

 

2 困っている子とできている子のコラボレーション

そこで問題を解けている子どもが鍵になります。

本時の目標に迫る部分で悩んでいる子どもは一度スルーして、問題を解けている子どもを探します。

そして、問題を解けている子どもに

「どうやって解いたの?」

と尋ねるのです。

 

そうすると、きっとその子は解き方を話してくれることでしょう。

友達や、全体の前ではないから、緊張せずにきっと話してくれるはずです。

そして、終わったら「なるほど。」と伝えて、机間指導を続けます。

 

問題を解けている子どもに説明させたら、本時の目標に迫る部分で悩んでいる子どもが解き方を聞いている。

これって先生が教えてるのと変わらないのではないか?

だめではないのか?

という意見もあることでしょう。

でも、よく振り返ってみてください。

先生は、解けている子どもに、説明を求めただけです。

そして、先生は子どもの説明に対して「なるほど。」と返しただけです。

肯定も否定もしていません。

問題を解けているの子どもの意見を活かすも、活かさないのも、聞いた子ども次第になります。

もし、悩んでいることの糸口が、子どもの説明のなかにあれば、きっと聞いた子どもは解決を1歩でも、2歩でも進めることができるでしょう。

逆に解けているの子どもは、教師に一度説明をしているので、共有の時間でも自分の考えを説明することがやりやすくなります。

もちろん、一人の説明を聞くだけでなく、複数の生徒に聞いて回ると、今までの説明をクラスの生徒は聞いているので、クラス全体の説明がどんどん洗練されていきますよ。

 

3 まとめ

いかがだったでしょうか

ポイント

・前時の内容で困っている生徒には、すぐ個別指導

・本時の目標に迫るところで悩んでいる子に対してはあえて個別指導をしない

・周りのできた子に説明をさせて、悩んでいる子へのヒントにする

です。

 

です。一度授業で試してみてくださいね!

 

4 参考

これは、自分が初任や2年目の授業研究会で指導されたことです。

つい、しゃべってしまう自分への戒めでもあります。

机間巡視について載っていた図書があれば、是非教えてください。

 

5 リンク

 

susan-edu-math.hatenablog.com

 

susan-edu-math.hatenablog.com